感染者の登録変更が可能に 夏の高校野球地方大会

日本高野連は19日、第104回全国選手権大会の臨時運営委員会を大阪市内で開き、出場権を懸けた地方大会を対象とした新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインをまとめた。第104回大会は兵庫県西宮市の甲子園球場で8月6日に開幕が予定されている。

地方大会前、大会中に感染者、感染が疑われる選手が出た場合、試合開始前まで登録変更が可能となることが盛り込まれた。一度、登録を外れた選手も診断書などを用意し、大会中の再登録が認められることになった。ただし、当該選手に替わって入った選手のみが入れ替えの対象。

感染者などが出た場合、チームの大会への出場可否は当該校の校長が判断するが、集団感染が認められる場合などは、主催者が出場を差し止めることがあるとした。

会員限定記事会員サービス詳細