ドーベルマン盗み容疑で捜索参加の女を逮捕

ドーベルマンの子犬=千葉県木更津市
ドーベルマンの子犬=千葉県木更津市

ドーベルマンの飼い主の男性(79)宅の敷地内に侵入し、2匹を盗んだとして、千葉県警木更津署は19日、住居侵入と窃盗の疑いで、松戸市稔台8、自称無職、岡島愛容疑者(29)と埼玉県草加市稲荷4、自称自営業、高橋里衣容疑者(29)を逮捕した。2匹は埼玉県内で保護されたという。

男性宅では4月22日にドーベルマン4匹が逃げ出し、岡島容疑者は知人らと捜索に加わり、確保したと報じられていた。埼玉県で保護された2匹は男性が11日に「8日からいなくなった」と、署に届け出ていた。署は動機について2人を調べている。署は認否を明らかにしていない。

署によると、岡島容疑者らは、8日午後1時半~2時半ごろ、木更津市真里谷地区の男性宅の敷地内に侵入し、ドーベルマンの成犬1匹(体長約70センチ)と生後5カ月の幼犬1匹(同約50センチ)と首輪2つを盗んだとしている。いなくなった際、成犬は赤、幼犬は青の首輪をしていた。防犯カメラ映像の解析や聞きこみなどにより、岡島容疑者らが浮上。成犬は越谷市、幼犬は草加市で保護された。

会員限定記事会員サービス詳細