鎌田、長谷部のフランクフルトV サッカー欧州リーグ

PK戦を制し優勝を決め、駆けだす長谷部(左端)らアイントラハト・フランクフルトのイレブン=18日、スペイン・セビリア(ロイター)
PK戦を制し優勝を決め、駆けだす長谷部(左端)らアイントラハト・フランクフルトのイレブン=18日、スペイン・セビリア(ロイター)

サッカーの欧州リーグは18日、スペインのセビリアで決勝が行われ、鎌田大地と長谷部誠のアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)がレンジャーズ(スコットランド)と対戦し、延長を終え1―1で突入したPK戦を5―4で制して優勝した。

前身大会の欧州連盟(UEFA)カップを1980年に制して以来、42年ぶり2度目の栄冠。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。

Eフランクフルトは後半に先制されながらも追い付き、PK戦は鎌田ら全員が成功させた。鎌田は前線でフル出場し、長谷部は後半13分からDFで出場した。

日本選手の優勝は2002年にフェイエノールト(オランダ)でUEFAカップを制した小野伸二以来。(共同)

欧州リーグで優勝し喜ぶ長谷部(後列右から5人目)と鎌田(前列右から3人目)らEフランクフルトイレブン=セビリア(共同)
欧州リーグで優勝し喜ぶ長谷部(後列右から5人目)と鎌田(前列右から3人目)らEフランクフルトイレブン=セビリア(共同)
欧州リーグで優勝し、トロフィーを手に喜ぶEフランクフルトの鎌田(左)と長谷部=セビリア(共同)
欧州リーグで優勝し、トロフィーを手に喜ぶEフランクフルトの鎌田(左)と長谷部=セビリア(共同)


会員限定記事会員サービス詳細