現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月19日

法制審議会の戸籍法部会に臨む委員ら=17日午前、法務省
法制審議会の戸籍法部会に臨む委員ら=17日午前、法務省

「キラキラネーム」が話題になって以来、改めて明治の文豪、森鷗外が注目されてきた。「於菟(オットー)」「茉莉(マリー)」「不律(フリッツ)」「杏奴(アンヌ)」「類(ルイ)」。

▼当時としては珍しい名前を3男2女に付けたからだ。独身時代にドイツに留学して本名の「林太郎」に不便を感じた鷗外は、インターナショナルな響きにこだわった。

▼ただ解剖学者となった於菟によると「漢学に於(お)ける造詣と文学に対する熱意とが単なる洋学崇拝の人がしばしばするようなあて字をもって満足しなかった」。寅年生まれだったから、中国の古典にある、虎を意味する於菟としたという(『名附(なづけ)親としての父鷗外』)。

ランキング

  1. 【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う

  2. 【産経抄】7月4日

  3. 【主張】G7「気候クラブ」 仲良し会ではあり得ない

  4. 【正論】魂の入った「危機管理庁」構築を シカゴ大学名誉教授・中村祐輔

  5. 【主張】拉致と参院選 解決への意思を熱く競え

  6. 【正論】「強い日本」への時代の転換点 麗澤大学教授・八木秀次

  7. 【浪速風】「歴史的」が「歴史」になるのか

  8. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

  9. 【異論暴論】8月号好評販売中 電力と国家 衰退へ突き進むのか

  10. 【産経抄】7月3日

会員限定記事