高良、走り幅跳びで4連覇 関東学生陸上第1日

女子走り幅跳びで6メートル38をマークし、4連覇を達成した高良彩花=国立競技場
女子走り幅跳びで6メートル38をマークし、4連覇を達成した高良彩花=国立競技場

陸上の関東学生対校選手権第1日は19日、東京・国立競技場などで行われ、女子走り幅跳びは高良(こうら)彩花(筑波大)が6メートル38で4連覇を達成した。

100メートル予選の男子は昨年の全国高校総体を制した1年生の柳田大輝(東洋大)が全体トップの10秒29をマークして1組1着となり、20日の準決勝に進出。女子は2年ぶりの優勝を狙う三浦由奈(筑波大)が全体1位の11秒74で通過した。

男子円盤投げは奥村仁志(国士舘大)が53メートル42、女子砲丸投げは大野史佳(埼玉大)が14メートル65で、ともに3連覇した。

会員限定記事会員サービス詳細