巡業再開、8月に関東近郊 コロナ禍初、5カ所で

日本相撲協会
日本相撲協会

日本相撲協会は19日、名古屋場所後の8月に実施する夏巡業の日程を発表し、関東近郊で5日間の開催となった。巡業は新型コロナウイルス禍で令和2年春から中止が続き、元年12月の冬巡業以来の再開。夏巡業は東北や北海道などを回ることが多いが、感染拡大防止の観点から関東近郊に限定された。

原則として力士は当日に開催地に入り、日帰りで帰京する方針。協会は巡業再開に際し、既存の新型コロナ対応ガイドラインとは別に、巡業実施に特化した感染対策マニュアルを制定した。

日程は次の通り。

8月5日 立川市(東京)▽6日 船橋市(千葉)▽7日 さいたま市▽11日 古河市(茨城)▽14日 春日部市(埼玉)

会員限定記事会員サービス詳細