主張

NATO北方拡大 露大統領の戦略的敗北だ

ロシアは北大西洋条約機構(NATO)の拡大阻止を理由にウクライナへの侵略を始めた。

その結果が、北欧の中立国フィンランドとスウェーデンによるNATOへの加盟申請という反対の動きである。

墓穴を掘ったとはまさにこのことであろう。プーチン露大統領の戦略的敗北である。

拡大阻止に加え、NATO分断を狙ったロシア軍によるウクライナへの侵略はかえって加盟国の結束を強めた。プーチン氏の思惑が完全に裏目に出た形だ。

米国をはじめとする加盟国は北欧2カ国の加盟手続きを迅速に進め、一刻も早く欧州の安全保障体制を確立する必要がある。

フィンランドのニーニスト大統領は加盟申請に際し「プーチン大統領は、鏡に映った自分を見るべきだ」と述べた。彼の自業自得と言いたいのだろう。ロシアと1300キロの国境をもつフィンランドは、帝政ロシアに約100年統治され1917年のロシア革命後に独立した。第二次大戦ではソ連に侵略され領土の1割を失った。

スウェーデンのアンデション首相は「(NATOに加盟しなければ)危険な状況になる」と申請理由を語った。同国は19世紀のナポレオン戦争以降、約200年間、中立・非同盟を貫いていた。

ジャンピエール米大統領報道官は、「両国は大切な防衛パートナーだ」と述べた。英仏両国はそれぞれ、北欧2カ国の加盟申請方針に強い支持を表明した。

問題は、NATO加盟国トルコの対応だ。エルドアン大統領は、北欧2カ国に逃れた「クルド労働者党」などへの弾圧に対して欧州諸国が科している武器禁輸制裁を理由に、「説得は無駄だ」と加盟に難色を示している。

制裁解除に向けた条件闘争の側面もあろうが予断を許さない。新規加盟には現加盟30カ国の全会一致が必要だ。今後トルコ説得が重要となるが、友好国である日本も積極的に関与すべきだ。

留意すべきは、両国の加盟に反発していたプーチン氏の発言の後退だ。プーチン氏は対抗措置を明言しつつ「両国のNATO加盟による直接的な脅威はない」と言い出した。NATO拡大が脅威でないなら、なぜ、ウクライナを侵略したのか。領土的野心を満たす暴挙ではないのか。ロシアは今すぐ軍を撤退させるべきである。

会員限定記事会員サービス詳細