会話少なければ屋外でマスク不要 尾身氏らが提言

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は19日、屋外で周囲との距離が十分に確保できない場合でも、徒歩移動などで会話が少なければ、必ずしもマスクを着用する必要はないとの見解を示した。学校現場でも屋外での体育授業や休憩時間中の運動遊びでもマスク着用は不要とした。熱中症リスクなどが高まる夏場を前に、国民的な関心が高まっており、マスク着用の考え方などを初めて整理し、明確にした。政府は、内容を分かりやすく周知していく方針。

一連の見解は同日開かれた厚生労働省にコロナ対策を助言する専門家組織の会合で示された。散歩やランニングなど屋外で周囲との距離が十分確保できる場合や、家族のような人と一緒に滞在するケースもマスク着用を不要とした。一方、多数が利用する公共交通機関での通勤・通学時は着用を継続し、屋外でも人混みや会話が想定される場面ではマスクを持参し、会話の際には着用するとした。

オミクロン株の流行で子供の感染者が急増したことを踏まえ、今年2月から一時的に推奨されていた2歳以上の未就学児のマスク着用については、熱中症リスクや表情が見えにくくなることによる影響も懸念されていると指摘。「(一律には着用を求めない)従来の考え方に戻していくことを考慮する時期だ」と言及した。

政府はこれまで会話の際にマスク着用を徹底するように呼びかける一方、屋外で十分に距離が離れていれば外すことを認めてきた。ただ不要な場面を具体的に示していなかった。

松野博一官房長官は19日の記者会見で、今後のマスク着用の在り方については「専門家の科学的な意見を聞きながら検討していきたい」と述べた。

関連・マスク緩和に歓迎と不安 メリハリ求める声も

会員限定記事会員サービス詳細