刃物?正体は「ガラケー」 仙台駅前、一時騒然

19日午後1時半ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅前で「刃物のようなものを持った男がいた」と110番通報があった。パトカーが出動し、刺股を手にした警察官数十人が警戒に当たるなど周辺は一時騒然。宮城県警が通報対象となった人物を特定したが、持っていたのは「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話と判明した。

宮城県警によると、目撃したのは、10代の2人組の女性。うち1人が腰付近で刃物を手にしているように見えたと110番通報した。もう1人は「ガラケーではないか」と話していたという。

防犯カメラ映像の分析などから、県警は2人が目撃した男性を特定。持ち物検査の結果、刃物は見つからず、手にしていたのはガラケーと分かった。

会員限定記事会員サービス詳細