竹島EEZ調査船 韓国側「海洋調査の準備行為」 自民部会

島根県の竹島(聯合=共同)
島根県の竹島(聯合=共同)

自民党は19日午前、外交部会などの会合を党本部で開き、竹島(島根県隠岐の島町)南方の日本の排他的経済水域(EEZ)内を韓国国営企業に関連する調査船が航行した経緯などについて政府から聴取した。外務省は、韓国側から「日韓中間線の韓国側の方で海洋調査をするための準備行為を行っていた」との説明があったと報告した。

佐藤正久外交部会長は外務省の報告に関し、「韓国の説明に対して『はい、わかりました』と追加確認をしないのは問題だ。あまりにも人が良すぎる」と強調。出席議員からも「なぜ日本側で準備行為をしなければいけないのか」と事実関係の解明を求める声が相次いだ。

会員限定記事会員サービス詳細