観光船沈没海域で「飽和潜水」開始

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故現場で、「飽和潜水」による捜索の準備を進める作業船「海進」=19日午後1時10分(共同通信社ヘリから)
北海道・知床半島沖の観光船沈没事故現場で、「飽和潜水」による捜索の準備を進める作業船「海進」=19日午後1時10分(共同通信社ヘリから)

北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」が沈没した事故で、船内の捜索に向け、深い海での活動が可能な「飽和潜水」が19日午後3時半ごろ、始まった。潜水士が深さ約120メートルの海底に沈んでいる船体を直接調べるのは初めて。依然12人の行方が分かっておらず、第1管区海上保安本部(小樽)などが周辺海域で捜索を続けている。

会員限定記事会員サービス詳細