逮捕知らせる町内放送も、誤給付で揺れる人口3千人の町 山口県・阿武

山口県阿武町=18日午後
山口県阿武町=18日午後

山口県阿武町が4630万円を誤給付した問題で、阿武町の無職、田口翔容疑者(24)が逮捕されて一夜明けた19日、思わぬ騒動に巻き込まれた人口約3千人の町には安堵(あんど)の色が広がった。だが、返還のめどは立っておらず、町の対応にも「ずさんだ」と不満の声が漏れた。

田口容疑者の自宅周辺は山あいの小さな集落で、一面に田畑が広がる。誤給付が判明して以降は多くの報道陣が出入りしており、騒然とした雰囲気が続いていた。

酒店を営む女性(84)は「ほっとした。80年以上暮らしているが、こんなのは初めてだ」と話す。昨夜は、逮捕を知らせる町内放送があり、花田憲彦町長が謝罪したという。「今後無くなったお金はどうなるのか。みんな心配している」と気をもんでいた。

山口県警によると、田口容疑者は容疑を認めているという。クリーニング店の経営者(82)は「愚かなことで罪を償うべきだ」と語気を強めた。一方で「小さな町が変な形で全国に知られてしまった」とこぼした。

会員限定記事会員サービス詳細