官房長官「マスク着用は専門家の意見聞きながら検討」

記者会見する松野官房長官=19日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=19日午前、首相官邸

松野博一官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルス対策のマスク着用の今後のあり方について、厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」をはじめとする専門家からの意見も踏まえ検討する考えを示した。「大型連休後の感染状況を確認して、できるだけ平時に近づける努力をしていく。マスクについても専門家の科学的な意見を聞きながら検討していきたい」と述べた。

松野氏は「人との距離が十分取れれば、屋外でマスクの着用は必ずしも必要ではない」との見解を重ねて示した。

会員限定記事会員サービス詳細