一蘭の改善策、公取委認定 カップ麺価格強制取りやめ

カップ麺「一蘭 とんこつ」
カップ麺「一蘭 とんこつ」

豚骨ラーメン店の全国チェーン「一蘭」(福岡市博多区)が、自社商品の家庭向けカップ麺や乾麺の販売価格を小売業者に強制していたとされる問題で、公正取引委員会は19日、価格の強制を取りやめるなどの改善策を盛り込んだ同社の確約計画を認定したと発表した。

企業側が独禁法に違反する疑いのある行為をやめ、改善に取り組むことで公取委と合意する「確約手続き制度」に基づくもので、公取委は排除措置命令などの措置は取らず、調査を終える。

公取委によると、一蘭は店舗で出すラーメンを家庭向けにカップ麺や乾麺として商品化。遅くとも平成30年1月ごろから、スーパーマーケットなどの小売業者らに対し、一蘭が希望する販売価格から値下げしないことを条件に、卸売りしていた。値崩れ防止やブランドイメージの維持を図ったとみられる。昨年2月発売の初めてのカップ麺「一蘭 とんこつ」は490円で売り出していた。

会員限定記事会員サービス詳細