北朝鮮、新たに23万人発熱 党中枢会議「事態は好転」

朝鮮労働党の政治局常務委員会に臨む北朝鮮の金正恩党総書記(中央)=17日、平壌(朝鮮中央通信=共同)
朝鮮労働党の政治局常務委員会に臨む北朝鮮の金正恩党総書記(中央)=17日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、新型コロナウイルス感染が疑われる発熱患者が、17日夕までの1日で新たに23万2800人超確認され、6人が死亡したと伝えた。4月末からの発熱患者の累計は171万5千人超、死者の合計は62人になった。

同通信は、朝鮮労働党の中枢メンバーによる政治局常務委員会が17日に平壌で開かれ、感染状況が「好転した」との認識の下で討議が行われたと伝えた。1日当たりの発熱患者の確認数が2日連続で減っており、これを根拠にしている可能性がある。

会議で金正恩党総書記は国家の危機対応能力の未熟さや政府幹部らの消極的な態度が感染初期の対応で事態を「一層複雑、困難にするだけの結果」を招いたと述べ、政府対応を批判した。

北朝鮮の発熱患者の新規確認数は15日夕までの1日が約39万2900人、16日夕までの1日が26万9500人超だった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細