只見線10月1日全線再開へ  豪雨被害から11年ぶり

福島県三島町を走るJR只見線の車両(奥会津郷土写真家の星賢孝さん提供)
福島県三島町を走るJR只見線の車両(奥会津郷土写真家の星賢孝さん提供)

2011年7月の新潟・福島豪雨で橋が流失し、会津川口(福島県金山町)―只見(同県只見町)間の27・6キロが不通になっているJR只見線について、福島県とJR東日本は18日、県庁で記者会見し、10月1日の全線運転再開を発表した。不通区間はバスで代替輸送しているが、11年ぶりに鉄路が復活する。

只見線は会津若松(同県会津若松市)―小出(新潟県魚沼市)の135・2キロを結ぶ路線。全線再開後は、豪雨災害前と同様に1日3往復する。

JR東はこれまで今年秋の全線再開を目指すとしてきた。豪雨で流失した鉄橋3カ所の復旧工事はほぼ完了し、7月下旬に試運転を始める予定。

山あいを縫うように流れる只見川。只見線は2011年の豪雨で橋梁は壊れ、一部区間、運休している =福島県金山町(2013年11月、三尾郁恵撮影)
山あいを縫うように流れる只見川。只見線は2011年の豪雨で橋梁は壊れ、一部区間、運休している =福島県金山町(2013年11月、三尾郁恵撮影)
2011年の豪雨で流出した第七只見川橋梁 =福島県金山町(2019年6月、恵守乾撮影)
2011年の豪雨で流出した第七只見川橋梁 =福島県金山町(2019年6月、恵守乾撮影)
2011年の豪雨で流出した第七只見川橋梁 =福島県金山町(2019年6月、恵守乾撮影)
2011年の豪雨で流出した第七只見川橋梁 =福島県金山町(2019年6月、恵守乾撮影)
福島県三島町を走るJR只見線の車両(奥会津郷土写真家の星賢孝さん提供)
福島県三島町を走るJR只見線の車両(奥会津郷土写真家の星賢孝さん提供)

会員限定記事会員サービス詳細