平幕の隆の勝が2敗堅持し単独首位 大相撲夏場所、1差で5人

豊昇龍(左)を攻める隆の勝。寄り倒しで破った=両国国技館
豊昇龍(左)を攻める隆の勝。寄り倒しで破った=両国国技館

大相撲夏場所11日目は18日、両国国技館で行われ、平幕隆の勝が小結豊昇龍を寄り倒し、9勝2敗で単独トップに立った。首位を並走していた一山本は3敗目。横綱照ノ富士は関脇阿炎を押し出して勝ち越した。阿炎は6敗目。

大関陣は貴景勝が遠藤を突き出して白星を先行させ、正代は玉鷲を突き落として4勝目。御嶽海は関脇若隆景に寄り切られて5勝6敗となった。先場所覇者の若隆景は3日連続の大関撃破で6勝目と白星先行。

隆の勝を1差で照ノ富士、平幕の霧馬山、宇良ら5人が追う。十両は3敗で剣翔、徳勝龍が首位。

会員限定記事会員サービス詳細