病院に置き去り、男逃走 負傷の男性死亡 東京・渋谷

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

18日午後6時45分ごろ、東京都渋谷区恵比寿の都立広尾病院の医師から「全身を殴られた男性が運ばれてきた」と110番通報があった。警視庁渋谷署によると、男性は心肺停止の状態で、顔面などに殴られた痕が複数あり、間もなく死亡が確認された。渋谷署が経緯などを調べている。

渋谷署によると、18日午後5時15分ごろ、軽乗用車に乗った男が男性を病院に運び込み、病院関係者に引き渡した。その後、男は医師が男性を処置している際に、現場から立ち去ったとみられるという。

男性は30~40代とみられ上半身裸だった。ズボンは履いていたが、靴は左足しか履いていなかった。携帯電話と交通系のICカードを所持していたという。

会員限定記事会員サービス詳細