高専で半導体人材育成熊本と佐世保、拠点校に

オンラインで記者会見する国立高等専門学校機構の谷口功理事長=17日午後
オンラインで記者会見する国立高等専門学校機構の谷口功理事長=17日午後

国立高等専門学校機構は17日、オンラインで記者会見し、九州・沖縄の9高専を中心に半導体産業の人材育成を強化すると発表した。熊本高専と長崎県の佐世保工業高専を拠点校に認定し、設計開発に関する講義の導入などカリキュラムを充実させる。

台湾積体電路製造(TSMC)の熊本進出などで、半導体業界では人材不足が指摘されており、高専を挙げてエンジニアを育てる考えだ。谷口功理事長は「高専が中心となり、産官学が総力で取り組みたい」と話した。

熊本と佐世保の高専では、半導体の基礎知識を学ぶ講義を全学科で行う。企業による出前授業や工場見学も取り入れる。製造や品質管理だけでなく、回路設計などの研究開発を担う高度人材の育成も目指す。

両高専で令和4年度に講義のノウハウを蓄えてカリキュラムを整え、来年度以降、ほかの九州・沖縄の7高専や半導体に力を入れる他地域の高専にも広げる予定だ。

お知らせ

お知らせのニュースをもっと見る