フォト特集

北朝鮮、新たに23万人発熱 「弱点露呈」と金正恩氏

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため担当区域の住宅を回って防疫対策などの宣伝活動を行う平壌の医師 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため担当区域の住宅を回って防疫対策などの宣伝活動を行う平壌の医師 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

北朝鮮メディアは18日、新型コロナウイルス感染が疑われる発熱患者が17日夕までの1日で新たに23万2800人超確認され、6人が死亡したと報じた。17日には平壌で朝鮮労働党の中枢メンバーによる政治局常務委員会が開かれ、金正恩党総書記は国家の危機対応能力の未熟さや政府幹部らの消極的な態度が活動の「弱点と隙を露呈させた」と述べ、党と政府の対応を批判した。

一方、会議では感染状況が「好転した」との認識の下で討議が行われた。1日当たりの発熱患者の確認数が2日連続で減っており、これを根拠にしている可能性がある。

4月末からの発熱患者の累計は171万5千人超で死者の合計は62人。依然大規模な感染が続いている。(共同)

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため全住民への集中検査・検診が実施されている朝鮮で市民の検温を行う医師 =17日配信、平壌(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため全住民への集中検査・検診が実施されている朝鮮で市民の検温を行う医師 =17日配信、平壌(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため最大非常防疫体系に移行したのに基づいて地域の封鎖・遮断措置が講じられている平壌市内 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため最大非常防疫体系に移行したのに基づいて地域の封鎖・遮断措置が講じられている平壌市内 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため最大非常防疫体系に移行したのに基づいて地域の封鎖・遮断措置が講じられている平壌市内 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため最大非常防疫体系に移行したのに基づいて地域の封鎖・遮断措置が講じられている平壌市内 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルス感染症の防疫対策で平壌駅構内を消毒する駅員=17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルス感染症の防疫対策で平壌駅構内を消毒する駅員=17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルス感染症の防疫対策で平壌駅構内を消毒する駅員 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
新型コロナウイルス感染症の防疫対策で平壌駅構内を消毒する駅員 =17日配信(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、平壌の党中央委員会本部庁舎で行われた朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議を指導する金正恩総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、平壌の党中央委員会本部庁舎で行われた朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議を指導する金正恩総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議を指導する金正恩総書記 =平壌・党中央委員会本部庁舎(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議を指導する金正恩総書記 =平壌・党中央委員会本部庁舎(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、平壌の党中央委員会本部庁舎で行われた朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議を指導する金正恩総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、平壌の党中央委員会本部庁舎で行われた朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議を指導する金正恩総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、平壌の朝鮮労働党中央委員会本部庁舎で行われた党中央委員会政治局常務委員会会議。金正恩総書記(右から2人目)が指導した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
17日、平壌の朝鮮労働党中央委員会本部庁舎で行われた党中央委員会政治局常務委員会会議。金正恩総書記(右から2人目)が指導した(朝鮮中央通信=朝鮮通信)


会員限定記事会員サービス詳細