ロシア戦争犯罪の証拠公開へ 米国務省がウェブサイト

米国務省=ワシントン(AP)
米国務省=ワシントン(AP)

米国務省は17日、ウクライナに侵攻したロシアの戦争犯罪や残虐行為の証拠となる公開情報を収集し、ウェブサイト上で公開する新たなプロジェクトを開始したと発表した。衛星画像やソーシャルメディア上の情報を分析、保存するため600万ドル(約7億8000万円)の資金を投じるとしている。

情報収集には米政府機関だけでなく、地理情報システムを扱う企業やエール大学なども参画。米政府は官民一体でロシアの戦争責任の追及に向けた動きを加速させたい考え。

プライス国務省報道官は「ロシアによる(戦争犯罪はないとする)偽情報のキャンペーンを論破するための情報を提供する」と語った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細