埼玉・川口の病院から勾留停止中の男が逃走 窃盗罪などで起訴

東京地検は17日、窃盗や覚醒剤取締法違反などの罪で起訴後、一時勾留が停止され、埼玉県川口市の病院にいた上田健被告(38)=公判中=が逃走したと発表した。警察と協力して、行方を捜している。

地検によると、東京地裁が17日午前7時半~19日午後4時半までの間、上田被告の勾留停止を決定。滞在する場所としてこの病院が指定されていたが、17日午後になって弁護人から連絡があり、逃走したことが分かった。地検は同日中に勾留執行停止決定の取り消しを請求し、取り消しが決定された。

上田被告は今年2月に窃盗罪で起訴され、その後、覚醒剤取締法違反罪などで2回にわたり追起訴されていた。

勾留執行停止が決定されたのは今月10日で、指定された病院にとどまる▽移動の際は弁護人が帯同する▽証拠隠滅と思われるような行為をしてはならない-などが停止の条件だった。

会員限定記事会員サービス詳細