ホテル客室から現金4200万円盗む 容疑で男を逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

ホテルの客室に侵入して現金約4200万円と腕時計を盗んだとして、大阪府警捜査3課と東署は18日、窃盗と住居侵入の疑いで、住居不定、無職の男(54)=別の窃盗罪などで起訴=を逮捕したと発表した。逮捕は16日。同課は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は何者かと共謀し、昨年5月22日午後6時から同25分ごろ、大阪市中央区今橋のホテルの一室にドアをこじ開けて侵入。室内にあった現金約4200万円と高級腕時計10本など計13点(時価合計約1500万円相当)を盗んだとしている。

同課によると、現金と腕時計はそれぞれ金庫に入れられており、金庫ごと持ち出していた。宿泊客の男性(47)は外出中だった。同課が別の事件の捜査でホテルへの移動に使われた乗用車を押収し、男が浮上した。他に少なくとも3人が関与したとみて捜査している。

会員限定記事会員サービス詳細