中高生の英語力、政府目標に届かず 文科省調査

文部科学省は18日、全国の公立小中高校を対象にした令和3年度の英語教育実施状況調査の結果を公表した。中学3年で「英検3級」(中学卒業程度)以上の実力があるのは47・0%、高校3年で「英検準2級」(高校中級程度)以上の実力があるのは46・1%で、いずれも50%としている政府目標を下回った。英語教師が「英検準1級」(大学中級程度)などを取得している割合も低調だった。

調査は昨年12月1日時点で、全国すべての公立小中高校が対象。新型コロナウイルス禍で2年度は実施しておらず、2年ぶりの調査となった。

中3で英検3級相当以上を取得していた生徒は27・2%。学校の成績などを基に教師の裁量で「相当する力がある」と判断した生徒は19・8%だった。

高3で英検準2級相当以上を取得していた生徒は31・2%。教師の判断で認めたケースが14・9%。普通科は59・4%、英語や国際関係の学科が92・8%で、工業や商業など専門学科は17・6%だった。

中高生とも平成25年度の初調査に比べて英語力は向上しているが、第3期教育振興基本計画(平成30~令和4年度)で目標とする50%以上まではあと一歩となっている。

中学の英語教師のうち英検準1級相当以上などを取得しているのは40・8%、高校で74・9%。第3期計画には教師の目標が盛り込まれていないが、中学で50%以上、高校で75%以上としていた第2期計画(平成25~29年度)の目標に届いていない。

また、中学で昨年度から、高校で今年度から始まった新学習指導要領では「授業は英語で行うことを基本とする」としている。昨年度は「半分以上を英語で授業している」とした中学が73・4%だったが、まだ新要領の対象ではなかった高校は46・0%にとどまった。

文科省の担当者は「英語教師が英語の実力を充実させるのは当たり前。英検などを積極的に受験するよう促したい」としている。

お知らせ

お知らせのニュースをもっと見る