「紅蓮華」が2年連続1位 著作物使用料ランキング

LiSAさん
LiSAさん

日本音楽著作権協会(JASRAC)は18日、令和3年度に著作物使用料を最も多く分配した国内作品は、歌手のLiSA(リサ)さんの「紅蓮華(ぐれんげ)」だったと発表した。同曲は2年度連続の1位。2位には同じくLiSAさんが歌う「炎」が入った。

LiSAさんは「去年に続き、長くたくさんの方に愛していただき、とても光栄です」とコメントを寄せた。3位はシンガー・ソングライター、優里さんの「ドライフラワー」だった。

海外からの入金が最も多かった国内作品は3年度連続でアニメ音楽の「NARUTO―ナルト―疾風伝BGM」(高梨康治さん作曲)、外国作品の1位は韓国のグループBTSの「Dynamite」だった。

令和3年度の分配額の合計は約1159億円で、過去3番目の多さだった。

会員限定記事会員サービス詳細