「気づいたらゼロに…」相席スタートの山添寛が韓国カジノで味わった苦い経験

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛

5月17日(火)、相席スタートの山添寛がラジオ番組『サクラバシ919』に出演。韓国旅行での苦い思い出についてトークを繰り広げた。

同番組の火曜日パーソナリティーを務めている山添は、以前、ある先輩芸人に誘われて韓国にカジノ旅行に行ったという。

相方の山崎ケイに借金をし、給料とあわせてなんとか40万円を工面した山添だったが、旅費がすべて先輩芸人もちだったことに申し訳なさを感じたそう。そのことを先輩芸人に伝えると、「カジノでお前が勝ったら旅費代を返して。負けたら俺が全部出すから」との返答が。

先輩芸人に旅費を返したいと考えた山添は、手持ちの40万円を150万円にまで増やすという目標を立て、カジノに向かったと話す。

すると、初日でなんと130万円を稼ぐことに成功。山添は「目が血走りすぎて、血の涙が口に入るほど闘気に満ちあふれていた」と、自身が相当な興奮状態だったと明かす。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛

そんな状態を見るに見かねた先輩芸人は「一回、ホテル戻ろう。よくない顔をしている」と、山添をホテルに連れ戻したとのこと。

しかし、なんとか目標金額を達成したい山添は「志半ばで帰るわけにはいかない」と納得できず、再びカジノに舞い戻るが…。結果、「気づいたらゼロになっていた…」とすべて失ってしまったと語る。

さらに、「(先輩芸人に)飛行機代、ごちそうさまですって言って日本に帰りました。そんな甘酸っぱい思い出があります」と振り返った。

クズ芸人仲間と「カジノロケしたい」

残念ながら大負けしてしまった山添だが、カジノは「とんでもなく楽しかった。もう一回行きたい」とのこと。

さらに、空気階段の鈴木もぐら、岡野陽一、ザ・マミィの酒井貴士ら〝クズ芸人〟仲間と一緒に「カジノロケに行ってみたい」という願望も膨らませる。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛

というのも、クズ芸人たちとカジノにいくと「絶対にもめる」とのこと。「人それぞれベットする額が違うから、あっという間に持ち金ゼロになるやつが出てくると思う」と予想する。

持ち金ゼロになったメンバーが、所持金がまだあるメンバーから金を借りようとしはじめるのだとか。すると、全員負けている状態なのにもかかわらず、所持金がまだあるメンバーがまるで王様かのようなカーストが出来上がってしまうと説明する。

山添は「どういうふうに人間関係がこじれていくかがリアルに見られると思う」と話し、クズ芸人同士のやり取りも楽しめると熱弁していた。(ラジオ大阪)

会員限定記事会員サービス詳細