魚ジャパンフェス2022 in 万博記念公園・メニュー紹介①

ぜいたく盛り、人気絶大 こぼれいくら丼


こぼれいくら丼(写真はイメージ)
こぼれいくら丼(写真はイメージ)

全国各地の魚介料理が味わえる魚食イベント「第1回SAKANA&JAPAN FESTIVAL2022 in 万博記念公園」(魚ジャパンフェス、主催・SAKANA&JAPAN FESTIVAL実行委員会)が5月27~29日の3日間、大阪府吹田市の万博記念公園お祭り広場で開かれる。お薦めメニューを紹介する。

「こぼれいくら丼」(こぼれいくら海越)は、平成31年の東京での魚ジャパンフェスで売り上げトップを争った人気メニュー。濃厚でプチプチ食感のイクラを丼から受け皿にこぼれるほど超ぜいたくに盛り付ける。サケの不漁でイクラが高騰するなか、「マスイクラ」を独自ルートで調達。サケのイクラよりも少し小ぶりだが、食感や味わいはまったく遜色ない。価格は据え置き、採算度外視で提供する。ミニ丼で1800円、並が2600円。

詳細は公式ホームページから。


あなたへのおすすめ

産経新聞社のイベント

注目イベントニュース

新着ニュース

ピックアップ

お知らせ

関連リンク