現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

G7協調からNATOと連携を 東洋学園大学教授・櫻田淳

櫻田淳氏
櫻田淳氏

去る5月9日、ロシアのウラジーミル・Ⅴ・プーチン大統領は、第二次世界大戦での対ドイツ戦勝利77周年記念式典での演説において、現下のロシア・ウクライナ戦争(露宇戦争)が「アメリカとその取り巻きの息がかかったネオナチ、バンデラ主義者との衝突」であるとの認識を示した。

「過剰膨張」で国家「衰亡」

ただし、「ナチズムの打倒」を大義として掲げるプーチン氏の論理は、実体の伴わない存在を念頭に置いているという意味では「わら人形」論法の類に近い。露宇戦争の展開で着目すべきは、それがロシアの今後に及ぼす影響だ。

ランキング

  1. 【直球&曲球】野口健 命守るため「地熱発電」推進を

  2. 【石平のChina Watch】全世界の方向性まで示す習主席

  3. 【正論】日本のサイバー能力本当に低いか NTT サイバー専門家・松原実穂子

  4. 「ウクライナ」で重み増す特攻隊員らの思い 舞台「帰って来た蛍」今月上演

  5. 【主張】埼玉LGBT条例 再考し逆差別の懸念拭え

  6. 【主張】中露艦の尖閣徘徊 威嚇はねつける防衛力を

  7. 【産経抄】7月7日

  8. 【浪速風】ガクチカがなくても

  9. 【ソウルからヨボセヨ】姿を消した淫靡な「茶房」の味が復活

  10. 【正論】ロシア正教会キリル総主教の正体 日本大学教授・松本佐保

会員限定記事