千葉市の衛星通信会社告発 3200万円脱税容疑

法人税など約3200万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反などの疑いで、衛星通信システムの構築や販売を手がける千葉市花見川区の「セイロテレコミュニケーションズ」と同社の高橋正治社長(73)=同市若葉区=を千葉地検に告発したことが18日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、高橋社長は知人が経営するコンサルタント会社に、ケーブルなどアンテナに付属する設備を購入したとする虚偽の請求書を作成させて架空の仕入れ代金を計上。令和2年9月期までの3事業年度で所得計約1億3300万円を隠し、法人税などの支払いを免れた疑いがある。

架空の仕入れ代金は一度知人の会社に支払い、約2割を除いた金額を手渡しでキックバックさせていた。隠した所得は事業資金に充てるなどしていたとされる。高橋社長は「指摘を受け今年3月までに修正申告を出し、納税した」としている。

会員限定記事会員サービス詳細