工場に液体ボトル置く 業務妨害容疑で川崎重工社員を逮捕

川崎重工業岐阜工場の北工場(岐阜県各務原市)の敷地内に液体入りペットボトルを置き、気付いた社員らに警察に連絡させるなどして業務を妨げたとして、岐阜県警は16日、威力業務妨害の疑いで、同社社員、高井直輝容疑者(30)=各務原市蘇原三柿野町=を逮捕した。

逮捕容疑は、3月9日午前8時10分ころから同10日午前8時10分までの間に、工場敷地内に液体の入ったペットボトル数本などを置き、業務を妨害したとしている。

敷地からはマッチの燃えかすとみられるものも見つかっていた。工場の稼働に影響はなかった。県警は容疑者の認否や、液体の中身を明らかにしていない。

会員限定記事会員サービス詳細