現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

任務中は「大気圧13倍」のタンク内で生活…「飽和潜水」の過酷な実態

北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」が沈没した事故で、深い海での作業が可能となる「飽和潜水」の潜水士や資機材をのせた作業船が17日、現場海域に近い網走港に入港した。19日にも始まる飽和潜水で期待されるのは、カズ・ワン内の捜索活動に加え、船体引き揚げのための準備作業だ。潜水士には深い海という特殊な環境での任務が待ち受ける。飽和潜水の経験がある自衛隊員の証言からは、高圧条件での生活や海中作業の過酷な実態が浮かび上がる。(吉沢智美)

飽和潜水の技術を持っているのは、今回国が契約した民間業者以外に、故障した潜水艦の乗員救出のために潜水員を養成する海上自衛隊などに限られる。

海自によると、水深10メートルで大気圧の2倍、カズ・ワンが沈む120メートルでは13倍の水圧がかかる。ボンベを使った通常の潜水技術では40~50メートルが限界とされ、事前に作業地点と同じ水圧下に体を慣れさせる飽和潜水により、深い海の中での作業が可能となる。

ランキング

  1. 東京都心で9日連続猛暑日 過去最長、35・3度観測

  2. 沖縄で姉妹2人刺される 殺人未遂容疑で知人男逮捕

  3. 【再考・犯罪被害者】「弱い者が泣き寝入り、許されるのか」 和歌山の男児刺殺、謝罪も賠償ないまま

  4. 【法廷から】新生児取り違え 親捜し阻んだ行政の「言い分」

  5. 帰還困難区域で車全焼 福島・浪江、1人死亡

  6. 熱中症疑い11歳女児重体 高知・南国

  7. 男性従業員に接待させる、風俗店無許可営業疑い2人逮捕

  8. 台風、九州接近・上陸へ 東シナ海北上、災害警戒

  9. 物流センター倉庫火災 鎮火に1~2週間か、茨城

  10. 二・二六事件から80年 「血染めの芝生」警護の誇り今に伝える

会員限定記事