ピーチ機運航妨害無罪主張 マスク着用拒否の男初公判

大阪地方裁判所=大阪市北区
大阪地方裁判所=大阪市北区

ピーチ・アビエーション機内でマスクの着用を拒否した上で客室乗務員にけがをさせたなどとして、傷害や威力業務妨害などの罪に問われた明治学院大の元非常勤職員、奥野淳也被告(35)に対する初公判が17日、大阪地裁(大寄淳裁判長)で開かれた。奥野被告は起訴内容を否認し「無罪です」と訴えた。弁護側も無罪を主張した。

罪状認否で被告は「私は誤った判断により飛行機を降ろされた。客室乗務員を威圧したり、暴行したりはしていない」と述べた。

起訴状によると、被告は令和2年9月、ピーチ機内でマスク着用を拒んだことを巡って他の乗客に侮辱されたとして客室乗務員に謝罪させるよう大声で要求。安全阻害行為をしないよう求める命令書を交付した客室乗務員の腕をねじって負傷させ臨時着陸させて業務を妨害したとしている。

3年4月に千葉県館山市の飲食店でマスク着用を拒み、店員の110番で駆け付けた警察官の顔を殴ったとする公務執行妨害罪にも問われている。

会員限定記事会員サービス詳細