加藤智一 大人の身だしなみ塾

胸元整う〝両腕くるくる体操〟を

長時間のデスクワークやスマートフォンでの動画視聴など、同じ姿勢が続くと肩凝りを感じることがあると思います。その原因は肩だけではなく、背中にもあることをご存じですか?

座り続けたり、同じ姿勢を維持したりすると、気づかぬうちに背中が丸まってしまう猫背や肩が前に出てしまう「巻き肩」が癖づいてしまいます。そのため、1時間に一度は、背中の筋肉をほぐすような体操を取り入れましょう。

方法は簡単。両手を背中で組み、右回り、左回りにくるくると動かすだけ。これだけで背中や肩甲骨の周りがほぐれてくるので、背中や肩の緊張をほぐすことができます。

また、猫背や巻き肩の状態が続くと、肩甲骨が外に大きく開いて胸の筋肉が縮んでしまい、胸が垂れ下がってしまう原因に。パーンと張ったきれいな胸元をつくるためにも、この〝両腕くるくる体操〟は有効です。

背中は体のほかの部位と異なり、自分の手ではアプローチしづらい部位。だからこそ、1日に何度かは肩甲骨周りの筋肉をほぐすことで、背中を柔軟な状態に整えましょう。(美容ジャーナリスト)

会員限定記事会員サービス詳細