学生水死で九大に7700万円の賠償命令 福岡地裁

鹿児島県屋久島で平成28年9月、フィールドワークの授業中に水死した九州大1年の男子学生の両親が大学側に、安全管理を怠ったとして損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は17日、九大に約7700万円の支払いを命じた。

日景聡裁判長は判決理由で、引率した教授(当時)が救命胴衣などを準備せず、事前説明も川の危険性を伝えるのに不十分だったと指摘。「引率責任者として学生の安全を確保すべき注意義務を怠った」と判断した。

両親は九大と教授に計約9145万円の賠償を求めたが、教授個人への請求は「公務員で個人責任は負わない」として棄却した。

判決によると、男子学生は授業の一環で他の学生らと川で泳いでいる際に溺れ、死亡した。

判決後、福岡市で記者会見した父親は「危険に対する認識が甘かったのではないか」と述べた。原告代理人の石黒大貴弁護士(熊本県弁護士会)は「大学が授業を安全に行う上で意義ある判決だ」と評価した。

九大は「判決文が手元に届いていないので、コメントは差し控える」とした。

会員限定記事会員サービス詳細