現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

40年ぶり1割打者現れるか 「投高打低」のプロ野球

1980年代の巨人を守りで支えた山倉。プロ野球最後の「1割打者」となっている=1987年
1980年代の巨人を守りで支えた山倉。プロ野球最後の「1割打者」となっている=1987年

「投高打低」の傾向が強い今季のプロ野球で、40年ぶりに珍しい記録が生まれる可能性がある。それは規定打席に達した上での「1割打者」だ。最後の該当者は1982年に1割9分6厘だった巨人の山倉和博。今季は16日現在で、パ・リーグの5人の打率が1割台に低迷している。巨人の扇の要を担った山倉らも含めて、攻撃よりも守りでチームに貢献する「専守防衛」の選手が多い。

西武の「おかわり君」も

同日現在の1割打者は楽天の鈴木大地(1割9分8厘)、ソフトバンクの正捕手を務める甲斐拓也(1割9分6厘)、西武の「おかわり君」こと中村剛也(1割9分3厘)、遊撃手として好守備を連発するオリックスの紅林(くればやし)弘太郎(1割6分9厘)、ロッテのマーティン(1割3分3厘)。5人とも各監督が我慢の起用を続けているが、センターラインを固めるポジションの重責を担う甲斐、紅林は守備力の高さが買われたかたちで、打撃の復調を待っている中村、マーティンとは事情が異なるといえる。

今季はソフトバンクと広島を除くと、各球団とも打線が湿りがちだ。西武の山川穂高、森友哉、オリックスの吉田正尚、杉本裕太郎ら主力級が、故障や新型コロナウイルス感染による離脱、極度の不振に陥った時期があり、完全試合を含む17イニングをパーフェクトに抑えたロッテの佐々木朗希(ろうき)、わずかに規定投球回数には達しないが、防御率0点台を誇るオリックスの山岡泰輔らスーパーエースが多数君臨しているのが要因だ。

ショートの守りは格段の成長ぶりを示すも、打撃で苦しむオリックスの紅林=2021年10月(薩摩嘉克撮影)
ショートの守りは格段の成長ぶりを示すも、打撃で苦しむオリックスの紅林=2021年10月(薩摩嘉克撮影)

ランキング

  1. ヤクルトに優勝マジック「53」初点灯 1965年南海超えセ、パ最速

  2. 女子は前田が大会新V 函館マラソンのハーフ

  3. 大谷、投手で初選出ならず 大リーグ月間MVP

  4. 筒香が満塁本塁打

  5. 青木が単独首位に浮上 女子ゴルフの資生堂レディース第3日

  6. 大谷は無安打 ダルビッシュ、4敗目

  7. 大谷が先制の18号ソロ 「3番DH」で地区首位アストロズ戦

  8. レジャー合宿報道で助成金申請せず フェンシング協会

  9. コロナ感染の高安ら田子ノ浦部屋の力士が名古屋場所全休

  10. 西0―3ソ 石川が2年ぶり完封勝利

会員限定記事