マスク氏、価格引き下げも ツイッター買収で

米電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏とツイッターのロゴ=(ロイター=共同)
米電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏とツイッターのロゴ=(ロイター=共同)

米短文投稿サイトのツイッターの買収をめぐり、電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が買収価格引き下げの可能性を示唆したことが16日、分かった。南部フロリダ州マイアミで開かれたイベントで述べたと複数の米メディアが報じた。

報道によると、マスク氏は買収価格引き下げが「論外というわけではない」と述べた。マスク氏は今年4月、ツイッター株を1株当たり54・20ドル、総額440億ドル(約5兆7千億円)で買収することで同社と合意した。

マスク氏は今月13日、ツイッターのスパム(迷惑)アカウントの割合が5%未満とする同社の推計に疑問を呈し、実際に確認できるまで買収手続きを停止すると明らかにした。ツイッターの企業価値が過大評価されていると指摘することで、買収価格引き下げや合意の撤回を狙う交渉戦術との見方が出ていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細