現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

医心伝診

遺伝子変異を調べて最適な治療 がんゲノム医療

がんは現在、日本人の寿命に最も大きな影響を持つ病気です。寿命だけでなく、罹(かか)った後の生活の質(QOL)も左右します。そもそもがんは、遺伝子の変化が原因で発生する病気です。

ヒトには2万2千個ほどの遺伝子があります。今年3月末に、「ヒトゲノム解析の完全解読終了」とのニュースがでました。ゲノム(genome)とは、ヒトや動物が持つ遺伝子(gene)全体を表す言葉です。従って、ヒトゲノムは、ヒトの設計図のようなものです。生涯のどこかで、私たちのゲノムに複数の変化(変異)が起き、発生する病気の一つが「がん」です。

38歳の女性が、卵巣がんの肺転移で「がんゲノム医療」を希望し、受診しました。2年前、おなかが張り、近くの総合病院の婦人科で精密検査と手術を受けて、卵巣がんで肺転移があるといわれました。おなかの手術の後、標準の抗がん剤治療を受けましたが、効果がなく、その次の薬も効きません。

そこで「がんゲノムプロファイリング検査」といって、一度にがんに関係する遺伝子100個以上を調べる検査を受けました。その結果、「AKT」という遺伝子に、がんの進行に関連する変異が見つかりました。

ランキング

  1. 凍結乾燥細胞からクローンマウス 山梨大、世界初

  2. 伊勢神宮大宮司に久邇氏、旧皇族出身の元商社マン

  3. 遠心力で重力発生 月・火星への移住に向け共同研究 京大・鹿島

  4. 【朝晴れエッセー】父の履歴書・7月6日

  5. 【話の肖像画】「すしざんまい」喜代村社長・木村清(5) 縁日でヒヨコ売りにだまされた

  6. 川島なお美さん、黒木奈々さん、今井雅之さん…相次ぐ著名人の「がん」 治りやすいケースとは?

  7. 「風太」19歳の誕生日 祝いのタケノコまっしぐら

  8. 「書く」が生徒の学び、考える力に JICA中高生エッセイコンテスト アクティブ・ラーニングで活用広がる[PR]

  9. 【びっくりサイエンス】片頭痛の痛み 実は想像以上に物凄い

  10. 【ヒューリック杯棋聖戦】藤井棋聖、3連覇へ王手

会員限定記事