伝統の赤、鮮やかに 近鉄が24年ぶり新型一般車両

近鉄が令和6年秋に導入する新型一般車両のイメージ(近鉄提供)
近鉄が令和6年秋に導入する新型一般車両のイメージ(近鉄提供)

近畿日本鉄道は17日、令和6(2024)年秋から奈良線や京都線に新型車両を計40両(4両10編成)導入すると発表した。近鉄伝統の赤色をより鮮やかにした外観が特徴。新型一般車両の投入は平成12年以来24年ぶりという。

近鉄によると、新型車両の内装には花柄の座席や木目調の壁を配置。担当者は「明るい気持ちになってもらえるようにしたい」と話す。

座席は混雑状況に応じて、壁に沿って横並びに座るロングシートと、進行方向に向かって座るクロスシートに切り替えが可能。ベビーカーやスーツケースを手元に置いて座れる席も1両あたり2カ所設ける。

近鉄が導入する新型車両の車内イメージ。ベビーカーや大型荷物を手元に置ける席を設ける(近鉄提供)
近鉄が導入する新型車両の車内イメージ。ベビーカーや大型荷物を手元に置ける席を設ける(近鉄提供)

また、防犯対策として乗務員らがリアルタイムで状況を確認できる車内カメラを整備。バリアフリー対応にも配慮し、床の高さを下げて乗降時の駅ホームとの段差を軽減するという。

新型車両は奈良、京都、橿原、天理の4線に順次投入する予定で、投資額は約84億円を見込む。

会員限定記事会員サービス詳細