東京六大学野球は明大が勝ち点4で首位 慶大の3連覇消滅

慶大との3回戦で先制打を含む3打席連続タイムリーを放った明大・上田希由翔内野手(3年)=17日、東京都新宿区の神宮球場(山口泰弘撮影)
慶大との3回戦で先制打を含む3打席連続タイムリーを放った明大・上田希由翔内野手(3年)=17日、東京都新宿区の神宮球場(山口泰弘撮影)

東京六大学野球リーグ第6週第3日は17日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が慶大を12―7で破って2勝1敗とし、勝ち点4で首位に立った。慶大は同2のままでリーグ3連覇の可能性が消滅。優勝の行方は明大と2位の立大に絞られ、21日からの直接対決で勝ち点を挙げたチームが優勝となる。

明大は5―1の五回に上田の適時二塁打などで一挙5点を奪い、計16安打で乱打戦を制した。

会員限定記事会員サービス詳細