立民菅氏の質問状回答せず 維新代表「付き合わない」

記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎代表=17日午後、大阪市役所(矢田幸己撮影)
記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎代表=17日午後、大阪市役所(矢田幸己撮影)

日本維新の会の松井一郎代表は17日、米国の核兵器を日本に配備し共同運用する「核共有」政策などを巡り、立憲民主党の菅(かん)直人元首相から提出された質問状に回答しない考えを示した。「パフォーマンスに付き合う必要はない」と大阪市役所で記者団に語った。

松井氏は、同政策に絡む非核三原則の見直しや憲法改正議論の必要性を以前から公の場で述べており「(質問は)回答済み」と強調。自身の不在時の質問状提出には「総理大臣までやった人がアポイントもなしで突撃するかね」と批判した。

夏の参院選に向け、菅氏は維新の本拠地である大阪の選挙区(改選数4)の立民候補を支援する「特命担当」として活動している。16日午前に市役所で記者会見し、核共有政策を含めた議論開始を夏の参院選公約に盛り込む方針の維新を批判。松井氏宛ての質問状を市役所に提出したが、松井氏は不在だった。

会員限定記事会員サービス詳細