道志村山中で発見の衣類、DNA型検出できず メーカーは一致

山梨県道志村の山中で、規制線の外に出る車両=17日午後
山梨県道志村の山中で、規制線の外に出る車両=17日午後

山梨県警は17日、道志村山中の捜索で発見した黒いハイネックの衣類からは、DNA型が検出できなかったと発表した。令和元年に7歳で行方不明になり、肩甲骨の鑑定により死亡と判断した小倉美咲さん=千葉県成田市=のものとメーカーが一致したことも明らかにしたが、関連は不明のままとしている。

県警によると、衣類に付着していた人毛のようなもの6本も鑑定した。捜査関係者によると、髪の毛とみられるが個人の特定はできなかった。

県警は17日も引き続き、約40人態勢で骨などが見つかった枯れた沢付近を捜索したが、新たな手がかりは得られなかった。これまで、小倉さんとDNA型が一致した右肩甲骨と、当時身に着けていたものと似た左右の靴と靴下片方なども見つかっている。

会員限定記事会員サービス詳細