「求む民間人校長」大阪府教育庁が公募開始

大阪府教育庁は来春採用の民間人校長を含む府立高校と支援学校の校長を公募している。20日には公募に関する説明会が、グロービス経営大学院・大阪校(大阪市淀川区)で開かれる。

募集するのは40人程度。うち1人は東大阪市立小学校長として任用する。任期は令和5年4月1日から3年間で、民間出身の応募者と現職の教頭ら内部昇任者を合わせて選考する。

公募が始まった平成24年度の民間出身者の志願者数は134人で、うち4人が採用された。府教育庁によると、近年の民間からの志願者は50~60人ほどで推移しており、昨年度は2人の民間人校長が誕生した。担当者は「多様な経験を持つ人の新鮮な発想を求めている」と呼びかけている。

受付期間は6月15日まで。今月20日に開催される公募説明会は午後7時から始まり、事前申し込み不要。問い合わせは府教育庁教職員人事課(06・6944・7148)。

会員限定記事会員サービス詳細