実習授業中に刃物が脚に 重傷の男子高生が死亡、愛知

愛知県教育委員会は16日、県東部の県立工科高校で6日の実習授業中に誤ってのみの刃が左脚の付け根に当たり重傷を負った2年の男子生徒が、12日に死亡したと明らかにした。

16日に記者会見した県教委によると、6日午前10時50分ごろ、高校の実習室で、のみの柄に付いている金具を調整するため、のみの端を金づちでたたいたりする「かつら直し」をしている際に事故が起きた。

現場には教員2人と生徒9人がおり、生徒は作業服を着ていた。発生時の具体的な作業や原因は特定できていない。

生徒は動脈を傷つけ出血多量で一時心停止になり、病院で緊急手術を受けたが、容体が悪化したという。

栗木晴久学習教育部長は会見で「大切な命を守り切ることができず深くおわび申し上げる」と謝罪した。県教委は安全管理を徹底するよう県立学校に通知した。


会員限定記事会員サービス詳細