女性候補持ち上げようと「顔なら1番」維新議員

日本維新の会の石井章参院議員=比例=が15日、今夏の参院選の栃木選挙区(改選数1)に出馬予定の女性新人の事務所開きで「顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」などと発言していたことが分かった。石井氏はすでに発言を撤回。同党の藤田文武幹事長は16日の記者会見で、石井氏を口頭で厳重注意したと明らかにした。

参院選栃木選挙区では出馬予定者のうち5人が女性。石井氏は藤田氏に対し「若い候補者に期待をかけてほしいという趣旨で言った。見た目で人を差別する趣旨ではなかった」と説明し、陳謝したという。

藤田氏は会見で「(外見で人の価値を評価する)ルッキズムやジェンダーについて、われわれは適切に言葉を選んでいくべきだ。そういう時代だ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細