女児の後方5メートルにコンクリート落下 何者かの投げ落としか

16日午後3時50分ごろ、大阪府和泉市上町の府営住宅に住む女性から「ブロックが落ちてきた」と110番があった。大阪府警和泉署によると、コンクリート製のブロック1個が、敷地内を歩いていた小学生の女児2人の約5メートル後方に落下。けが人はいなかった。同署は何者かが投げ落としたとみて、殺人未遂容疑で捜査している。

同署によると、ブロックが落下したのは11階建ての建物の前で、8階と9階の間の階段踊り場には以前からコンクリート製のブロックが置かれていた。踊り場には縦27センチ、横10センチ、厚さ9センチのブロックが残されており、同署は同じ大きさのブロックが落とされたとみて調べている。

会員限定記事会員サービス詳細