現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月16日

いまひとつ視聴率が振るわないといわれるNHKの朝ドラ「ちむどんどん」だが、小欄のまわりでは、なぜか見ている先輩や同僚が多い。先週は家族に迷惑ばかりで働かない主人公のにいにい(兄)が、プロボクサーに衝撃のデビューを果たした。

▼稼いだお金が家族に送られ、騙(だま)されて背負った借金を一気に返済して主人公の東京行きも決まった。本紙では本土復帰前後の沖縄のボクシング界を描いた「拳闘の島」(別府育郎・論説副委員長兼特別記者)が連載中で、公共放送と密(ひそ)かにコラボ(連携)したのかと部内では噂されたが違っていた。

▼朝ドラが物足りないという方は、ぜひ同連載をお読みいただきたい。戦後27年の間、「国境」の外に置かれた沖縄への偏見などを乗り越え、本土復帰の象徴となった沖縄出身のボクサーの活躍をめぐるさまざまなエピソードに、本当に胸わくわくするはずである。

ランキング

  1. 【産経抄】7月4日

  2. 【異論暴論】8月号好評販売中 電力と国家 衰退へ突き進むのか

  3. 【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う

  4. 【正論】魂の入った「危機管理庁」構築を シカゴ大学名誉教授・中村祐輔

  5. 【世界の論点】ウクライナのEU加盟候補国入り

  6. 【主張】G7「気候クラブ」 仲良し会ではあり得ない

  7. 【主張】拉致と参院選 解決への意思を熱く競え

  8. 【産経抄】7月3日

  9. 【産経抄】7月2日

  10. 【新聞に喝!】露の「被害者歴史観」を宣伝する朝日 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

会員限定記事