「北にコロナ支援惜しまず」 尹韓国大統領

韓国国会で施政方針演説をする尹錫悦大統領=16日、ソウル(聯合=共同)
韓国国会で施政方針演説をする尹錫悦大統領=16日、ソウル(聯合=共同)

【ソウル=時吉達也】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は16日、国会で施政方針演説を行い、新型コロナウイルス感染が北朝鮮で爆発的に拡大している問題に言及。「北朝鮮住民に必要な支援を惜しんではならない」と述べた。施政方針演説は10日の大統領就任後初めて。

尹氏は北朝鮮が核実験の準備を進めていることなどに触れ、「安保の現実はますます厳しくなっている」と強調。「形式的な平和ではなく、北の非核化プロセスと南北間の信頼構築が好循環する持続可能な平和」が必要だと訴えた。

その上で、北朝鮮への人道支援については「政治、軍事的考慮なしにいつでも扉が開かれている」と説明。北朝鮮当局が応じればワクチンや医療器具を提供する準備があると述べた。

また、20日に訪韓するバイデン米大統領と、米主導の新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」を通じた協力強化について議論すると表明。日本への言及はなかった。

韓国国会では、多数を占める野党が尹氏の指名した首相候補を承認しないなど混乱が広がっている。尹氏は「新政府の5年間は、韓国社会の未来を決める非常に重要な時間だ」と述べ、野党側に協力を求めた。

会員限定記事会員サービス詳細