大阪狭山の寺院で火災 1人の遺体発見 住職夫婦と連絡取れず

焼失した西福寺 =16日午前3時14分、大阪府大阪狭山市(永田直也撮影)
焼失した西福寺 =16日午前3時14分、大阪府大阪狭山市(永田直也撮影)

15日午後10時半ごろ、大阪府大阪狭山市池之原の寺院「西福寺」で、「かなり燃えている」と近隣住民から119番があった。堺市消防局によると、火は約1時間半後にほぼ消し止められたが、住居兼本堂が全焼。焼け跡から女性とみられる遺体が見つかった。

大阪府警黒山署によると、寺院には高齢の住職夫婦が住んでおり、2人とも連絡が取れておらず、同署が確認を進める。

現場は飛鳥時代につくられたというため池で知られる「狭山池」の西約500メートル。

会員限定記事会員サービス詳細