メルカリ、配送料を値上げ 6月16日から 「物価上昇などの社会情勢を鑑みた」

メルカリは5月16日、同社専用の配送サービス「メルカリ便」について、配送サービス料の改定を発表した。ヤマト運輸の「らくらくメルカリ便」と、日本郵便の「ゆうゆうメルカリ便」ともに、6月16日正午から値上げする。改定後の送料は、6月16日正午より後に購入されたものが対象。

メルカリ便は、メルカリユーザー限定で提供しているサービスで、通常の配送料より格安で利用できるのが特徴。例えば、ヤマト運輸の「ネコポス」は通常料金だと最大385円(数量などで変動)だが、メルカリでは175円で利用できる。

6月16日以降、ネコポスは175円から210円、宅急便コンパクトは380円から450円、宅急便は60~160サイズまで、最大150円の値上げ。集荷サービスも30円から100円に引き上げられる。ゆうパケットも200円から230円、ゆうパケットポストが200円から215円、ゆうパケットプラスが375円から455円、ゆうパックは60~100サイズはすべて70円の値上げ。

この他、「メルカリShops」の送料も同様に値上げ。らくらくメルカリ便の送料をベースに、クールメルカリ便が60~120サイズで、最大100円の値上げ。集荷料は30円に据え置きとなる。

値上げの理由として同社は、「物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果、メルカリ便配送サービスを継続しつつ、お客さま体験を一層良くしていくため」としている。

(ITmedia NEWS)

会員限定記事会員サービス詳細