坂口健太郎と杏が月9ダブル主演 7月期「競争の番人」でドラマ初共演

月9ダブル主演で“凸凹バディ”を組む坂口健太郎と杏(C)フジテレビ
月9ダブル主演で“凸凹バディ”を組む坂口健太郎と杏(C)フジテレビ

ドラマ初共演となる俳優の坂口健太郎(30)と杏(36)が7月スタートの月9「競争の番人」(月曜後9・0、フジテレビ系)にダブル主演する。

日本のドラマ史上初めて公正取引委員会を舞台に描くミステリーで、放送中の月9「元彼の遺言状」の原作者であり、第19回「このミステリーがすごい!」大賞受賞者、新川帆立さんの作品を2クール連続で放送する。

「競争の番人」の書影(C)新川帆立/講談社
「競争の番人」の書影(C)新川帆立/講談社

最新刊のドラマ化に、新川さんは「令和版『HERO』のイメージで”Can You Keep A Secret?”(宇多田ヒカルが歌った主題歌)を聴きながら書いた。公正な競争は社会にとって非常に重要なインフラ。競争を守り支える公取委の取り組みがより広く知られるきっかけになれば」と話している。

20歳で司法試験に合格、東大法学部を首席で卒業した理屈っぽく、ひねくれ者の小勝負勉(こしょうぶ・つとむ、坂口)と、警察官の父に憧れ実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで、杏)が、公取委・第六審査である通称“ダイロク“の職員として“凸凹バディ“を組み、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、自由で公正な場を守るために目を光らせる…そんな“競争の番人”が談合やカルテルなど不正をはたらく企業の隠された事実をあぶり出していく。

坂口は多くの主演作のほか、昨年のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」出演などで知られ、フジの連続ドラマには「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「シグナル 長期未解決事件捜査班」に続いて3作目で月9初主演となる。

杏とは、2016年公開の映画「オケ老人!」で共演。「“月9枠で杏さんとダブル主演”というのは、もう一段上の気合が入った感じ」と改めて気を引き締めるが、すでに互いの空気感は出来上がっているという。

「ドラマで描かれる公取委というのは“弱小官庁“。僕自身、時には“戦わずに負けても良い“と思うことがある。そんな中で小勝負の“弱くても戦わなきゃいけない”というせりふが僕は好き。まだまだ鬱屈した世の中でいろいろな人物が登場するが、彼らがやっていることを見て次の日のちょっとした活力やパワーにしていただけたらと思うし、そんな作品になるのでは…」

坂口はそう語り、一方の杏も「年齢が近いので考え方などにギャップを感じることもなく一緒に演じるのは楽しい」とドラマ初共演を喜ぶ。

「デート~恋とはどんなものかしら~」以来7年ぶりの月9主演となり、「社会情勢もこの7年でガラッと変わった中で、また月9というエンターテインメントを届ける枠に戻ってくることができたのはうれしいし、演じる意義みたいなものを感じる」と杏。「今までお見せしてきた私へのイメージを一度なくして新しい役として見ていただくために」とロングヘアを約20センチカット。「社会人としてある程度経験を積んだ上でまるっきり違う職場に移る白熊のように30代半ばで転職される方々も多いと思うので、白熊の気持ちは多くの方々に応援していただけるのではないか」と話した。

野田悠介プロデューサーは「行なっている公取委の仕事は地味かもしれないが、新川先生の原作を読んだとき、立場の弱い人たちの背中をそっと押す応援歌としてのメッセージも感じた」とドラマ化へのきっかけを話し、新川さんから「原作とドラマでどちらが面白い作品を作れるか競争ですね」と言われたという。

そして「働いている人なら誰しもが共感できる親会社と下請け企業、上司・部下の関係性、企業間などの横のつながり…いろいろなしがらみがある中で公取委がどのように救っていくのか。“ダイロク”メンバーたちの個性豊かな掛け合いも魅力の一つ」と語った。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細